交通事故発生時に行う保険会社との交渉

人身事故が発生した場合には、加害者が加入している保険会社と直接交渉する必要があります。この交渉で、どれぐらい保険金を支払ってもらえるのかが決定するのですが、保険会社というのは基本的に加害者の味方だと思ってよいでしょう。そのため、少しでも支払いを少なくするために、被害者に非があるのではと言われることが多いのです。

交渉が難しい場合には弁護士に依頼する


保険会社はいろいろな人と交渉をしますし、加入を検討している人を説得することもあるでしょう。そのため、交渉にはかなり慣れている職業だと言えます。そのため、あまり交通事故に詳しくない人や、話しをするのが得意ではない人の場合、納得のいく保険金を支払ってもらえないこともあるのです。

このような場合には、交通事故に詳しい弁護士に依頼をして、弁護士と保険会社で交渉をしてもらうのがよいでしょう。しかも保険会社は弁護士が来るのを嫌がるので、弁護士に頼むと言えば、十分な保険金を支払ってくれるケースもあります。

弁護士は誰でもよいわけではない


やはり弁護士にも得手不得手があるので、誰に依頼してもよいというわけではありません。交通事故に関しての知識が豊富であることは当然として、きちんと保険会社と交渉ができる人でなければダメでしょう。このような弁護士に依頼するためには、情報収集が欠かせません。

特にどれぐらいの実績があるのか、評判はどうなのかという点は念入りに調べておきましょう。そうしないと、いくら弁護士に依頼しても、納得のいく保険金をもらえるとは限りません。それだけ弁護士選びというのは大切になるのです。

まとめ

保険会社が加害者の味方をする理由は、当然保険金の支払いを少なくするためです。では、なぜ弁護士は被害者である依頼した人の味方をするのかというと、弁護士は成功報酬が大部分を占めているからです。だからこそ依頼者の力になってくれると言えるでしょう。