最近増えてきている自転車の交通事故

昔に比べると、車による交通時は若干減少傾向にあるのですが、その反面で、自転車による交通事故が増加しているのです。自転車が被害者となるケースもあれば、逆に自転車が加害者になるケースもあるので、十分注意して運転をしないといけません。

自転車事故が発生する原因


自転車が絡んだ事故が発生する原因はいろいろとあるのですが、その1つがスマートフォンです。自転車に乗りながらスマートフォンを片手に運転している人もいれば、歩きながらスマートフォンを運転し、交差点などで周りを確認せずに通過してしまう人が多いことが原因だと言えるでしょう。

まずは歩きスマホを止めると共に、スマートフォンを操作しながらの自転車の運転も止めなければいけません。他にも自転車だからとお酒を飲んだ後に運転する人もいます。自転車も車両扱いなので、お酒を飲んだら運転してはいけないのです。スピードの出し過ぎやわき見運転などにも注意しましょう。

自転車の事故でも賠償額が大きい


最近は日本も欧米化している影響により、訴訟社会へと変貌してきています。そのため、自転車による交通事故が発生した場合でも、かなり高い賠償金の支払いをしなければいけない事態が増えているのです。しかし、自転車で保険に入るという人は少ないでしょう。

そのため、自転車事故が原因で裁判になるケースも珍しくはありません。最近は自転車向けの保険も誕生しているので、頻繁に乗るという人は加入しておくのもよいでしょう。もちろん保険に入ったから安心というわけではないので、普段から安全運転を心がけることも重要です。

まとめ

今までは自転車が被害者になるケースは多いのですが、最近は自転車が加害者になるケースが増えています。東日本大震災により、自転車に乗る人の数が圧倒的に増えていることも理由の1つでしょう。高くて維持が大変な車よりも、気軽に乗れる自転車で通勤をする人が増えているため、事故も増えてしまったのです。