交通事故のときに役立つ自動車保険

一般的に自動車保険と呼ばれているものには、大きく分けると2種類存在しているのです。1つ目は車やバイクを購入したときには、必ず加入しなければいけない自賠責保険となっています。2つ目は大半の人が加入しているけれど、義務ではない任意保険です。

加入が義務付けられている自賠責保険


車やバイクを購入した場合、必ず加入することが法律で義務化されている保険があります。それが自賠責保険なのですが、もし自賠責保険に加入していない、もしくは期限切れの状態で車やバイクを運転した場合には、罰則が科せられるので注意しましょう。

自賠責保険というのは、人身事故に対応している保険になっているので、物損事故では使用することができません。もし人身事故を起こした場合には、死亡事故で最大3千万円、傷害事故で120万円、後遺症の場合には、等級によって最大4千万円の支払いが可能になっていますが、正直全く足りないというのが現状です。

自分の意志で加入するか決める任意保険


自賠責保険が必ず加入しなければいけない必須保険であるならば、一般的に自動車保険と言われている任意保険は、加入するかどうかはその人次第となっています。しかし、車を運転する人の大半が加入している保険ですし、物損事故にも対応しているので、必須保険だと言えるでしょう。

しかも人身事故や物損事故の場合、支払金額が無制限となっているプランも設けられています。任意保険の特徴はいろいろとあるのですが、複数あるプランの中から自由に選択できるので、運転に自信のある人は、対物に関しては無制限にする必要はないでしょう。ただし、対人は無制限にしておくのが一般的です。

まとめ

自賠責保険は、きちんと支払金額が決められています。それに対して任意保険の場合には、無事故で加入年数が長くなるほど保険料が安くなるのです。逆に事故を起こしてしまうと、翌年から保険料が高くなるので注意しましょう。ゴールド免許でも割引ができます。