後遺症認定と等級について

人身事故の程度によっては、被害者に後遺症が残ってしまうこともあるでしょう。もし後遺症が残ってしまった場合、その程度によって等級が定められます。そして定められた等級によって、慰謝料が決められているのです。もちろん慰謝料の支払い金額も、弁護士基準が最も高くなっています。

程度によって変わる後遺症の等級


後遺症には14級から1級まで存在しており、最も軽い状態が14級、最も重い状態が1級となっています。もちろん数字が少ない等級に認定された方が、慰謝料の支払い金額も大きくなるのはいうまでもありません。ちなみに最も支払金額の安い自賠責保険基準の場合には、14級で32万円、1級でも1100万円となっているのです。

それに対して最も支払金額の高い弁護士基準の場合には、14級で110万円、1級になると2800万円にもなるのです。これだけ金額に差が出てしまうので、自賠責保険では十分な慰謝料を賄うことはできません。だからこそ任意保険に加入するのです。

後遺症の問題は弁護士に任せる


後遺症が出てしまった場合には、きちんと申請をしないと適正な慰謝料をもらうことはできません。しかし、どのような流れになっているのかは、素人にはわからないでしょう。まずは診断書を書いてもらい、それを保険会社に提出します。保険会社は損害保険料率算出機構やJA共済連に提出を行います。

それからどの等級に認定されたのかによって、支払われる慰謝料が決まってくるのです。しかし、必ずしも納得がいく結果とは限りませんので、やはり弁護士に任させてしまう方がよいでしょう。そうすれば弁護士基準の慰謝料になるので、十分治療に専念できるだけの慰謝料がもらえることが多いのです。

まとめ

後遺症の等級認定というのは、もちろん人が行います。そのため、診察する医師や審査をする人によって、多少捉え方が変わってしまうこともあるでしょう。そうすると納得がいく慰謝料がもらえなくなってしまうので、やはり弁護士に助けてもらうのが最もよい方法です。