慰謝料の支払い基準を知っておく

人身事故が発生したら、加害者は被害状況に応じて被害者へ慰謝料を支払う義務が生じます。慰謝料には基準が設けられているのですが、意外に知らない人も多いでしょう。支払い基準は3つに分けられているので、どのような種類があり、どのように異なっているのかを勉強しておくべきです。

3種類ある慰謝料の基準とは


慰謝料の支払い基準というのは、3種類存在しています。それは
・自賠責保険基準
・任意保険基準
・弁護士基準
となっています。もちろん3種類とも特徴があるのですが、自賠責保険基準というのは、車やバイクを購入したときに、必ず加入しなければいけない保険で支払いをするときの基準です。

任意保険基準というのは、民間の保険会社に自分の意志で加入した、いわゆる自動車保険を利用して賠償金を支払う場合の基準になっています。そして弁護士基準というのは、弁護士に依頼したときに支払われる基準であり、最も支払額が高くなっているのです。だからこそ多くの人は弁護士に依頼をするのです。

最も有利な弁護士基準


3種類ある支払い基準で、最も支払額が低くなっているのは自賠責保険基準です。しかもあらかじめ支払額が決められているので、弁護士の加入余地はありません。任意保険基準の場合には、弁護士が加入しなければ保険会社の基準で支払われるのが一般的ですし、被害者にどれぐらい非があるのかによって、保険金が下げられてしまうのです。

それに対して弁護士に依頼した場合には、最も有利な弁護士基準での支払いが可能になるので、弁護士に報酬を支払ってもかなり有利になるでしょう。面倒な手続きや交渉まで行ってくれることから、近年は特に弁護士に依頼する人が増えているのです。

まとめ

保険金の支払い基準がどのようになっているのかは、インターネットでも簡単に調べることができます。これを知っているのと知らないのとでは、大きな差になることがあるでしょう。最低でも弁護士基準が最も有利だということぐらいは覚えておくべきです。